新月・満月と出産の関係とは

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川3-7-6

株式会社パンゲア mail:kyureki@pangea.jp

新月・満月と出産の関係とは

新月・満月と出産の関係とは

月の満ち欠けと女性の生理周期はほぼ同じサイクルで行なわれています。昔から伝えられている出産と満月の関係は事実なのでしょうか?女性にとって興味深い「月と出産に関する情報」をご紹介します。

「旧暦美人月ごよみダイアリー」は、西暦と旧暦、月の満ち欠けや多彩なコラムを掲載した旧暦手帳です。産後の体調管理にもぜひお役立てください。

月の満ち欠けと潮の満ち引きの関係

満月の光と海の写真

月と地球の間には引力が働いています。月に面している側の海水は引力で月に引っ張られ満潮となり、さらに地球が公転することで月とは反対側に位置する面にも海水が集まり満潮となるのです。

そのどちらでもない側は、干潮になります。潮の満ち引きの差が最も大きくなる時を大潮といい、それは太陽と月、地球が一直線に並ぶ時、つまり満月と新月に当たります。

大潮の時は引力が最大となることと、カニやサンゴの産卵、そして私たち人間の出産が多くなるのは、何らかの関係があると考えられます。

羊水と海水の成分は似ているの?

妊婦の子宮内には液体状の羊水があり、赤ちゃんを外部の刺激から守っています。赤ちゃんは羊水の中で過ごしながら、手足を自由に動かすことで、筋肉や骨格を作る働きを促進させているのです。

この羊水と海水を比較してみると、水素・酸素・ナトリウム・塩素から成り立っており、ほとんど同じ成分で構成されていることがわかっています。羊水はまさに「赤ちゃんを育てる母なる海」なのです。

同じ成分を持つ羊水も、海水と同じように月からの影響を受けているという考えは、このような理由があるからです。

大潮が陣痛を起こす神秘

出産を控えた妊婦の写真

満月や新月の大潮の日には、陣痛が起こりやすいという話を聞いたことはありませんか?

科学的な証明こそありませんが、出産予定日が近い妊婦さんにとっては、少し気になる話題です。実際にアメリカの精神科医の著書では、新月・満月の出産率は10%も上がったという内容が書かれています。これには満月・新月というよりも、大潮が関係しているのではとの見方もあります。

満月と新月の日は、海水が月に引かれる力が最大限にまで高まります。同様にして海水と同じ成分を持つ羊水も月から何らかの影響を受けているのではないかとの見解があるのです。

月からの影響は女性の身体に何らかの作用をもたらしているとすると、出産と満月の密な関係も十分起こりえることなのです。

出産と満月・新月に深い関係があるといわれる背景には、羊水と海水の成分が似ているということが挙げられます。海水は月の引力の影響を受け満ち引きを繰り返しており、満月・新月の日は満潮になる場合が多く、同様に満月・新月の日に出産が多くなり、出産率にも影響しているようです。

また子育て中のママも、赤ちゃんを優先するあまり自分の体調ケアを怠りがち。季節の変化、月の満ち欠けを身体ケアに役立てるために、出産後も「旧暦美人月ごよみダイアリー」をご活用ください。

「出産と満月」気になる方は「旧暦美人月ごよみダイアリー」活用を

会社名 株式会社パンゲア
運営責任者 宮崎郁子
住所 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川3丁目7-6
TEL 045-913-4161
FAX 045-913-4181
メールアドレス kyureki@pangea.jp
URL https://kyurekibijin.jp/

TOP