月の満ち欠けに合わせて効率よくセルフケアしよう!

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川3-7-6

株式会社パンゲア mail:kyureki@pangea.jp

月の満ち欠けに合わせて効率よくセルフケアしよう!

月の満ち欠けに合わせて効率よくセルフケアしよう!

月の満ち欠けは、私たちのメンタルや身体にさまざまな影響を与えています。私たちの身体の約60%は水分で出来ているといわれていますので、潮の満ち引きのように月の引力が影響するのもうなずけるのではないでしょうか?

月の満ち欠けに合わせたセルフケア法をご紹介します。月の満ち欠けによる体調の変化を知り、身体ケアに活用するなら、株式会社パンゲア 旧暦美人プロジェクトが発行する「旧暦美人月ごよみダイアリー」「旧暦美人卓上カレンダー」を活用ください。

新月から満月の時期に実践したい身体ケアについて

新月から満月の時期に実践したい身体ケアについて

新月から満月へと少しずつ月が満ちてくる期間は、吸収力が高まる時期です。

期間にして15日弱になりますが、身体ケアを実践するなら「栄養の摂取」と「潤い補給」を意識するといいでしょう。フェイスパックやトリートメントを活用すると、肌や髪に栄養を与える効果が期待出来ます。

乾燥が気になる方は、肌にオイルや乳液を塗る、もしくはαリノレン酸やオレイン酸を含む質のよいオイルを摂取するといいでしょう。ただし吸収力が高まる時期になりますので、身体によくないとされるトランス脂肪酸や酸化した油などは避けるべきです。

栄養をため込みやすいため、身体を鍛えている方にとっては必要な栄養素を取り入れるのにベストな時期であるといえます。またダイエットやデトックスを考えるなら、満月から新月になる時期がいいでしょう。

満月から新月の時期に実践したい身体ケアについて

満月から新月の時期に実践したい身体ケアについて

満月でピークを迎えた吸収力は、その後「放出する力」に変わっていきます。満月直後は放出エネルギーが最大限まで高まります。この力を活用した身体ケアを行なうなら、「デトックス」を意識しましょう。

毛穴の汚れや角質、体内に溜まった不純物などを手放すのにベストなタイミングです。半身浴で汗を流し、全身のデトックスに取り組みましょう。ウォーキングや整体、ヨガなどで汗を流すのもおすすめです。

ダイエットを始めるのにも適した時期となりますので、ほうれん草やブロッコリー、キャベツ、しじみといったデトックス効果のある食事を摂り、間食は極力控えるようにしましょう。この時期ならさほどストレスなく食事量が減らせるはずです。

株式会社パンゲア 旧暦美人プロジェクトでは、月の満ち欠け以外にも、二十四節気などから季節の変化を知り、季節ごとの身体ケアの方法を絵解きで紹介するコラムなどを掲載した「旧暦美人月ごよみダイアリー」を販売しています。ぜひ毎日の身体ケアにお役立てください。

最近月を見上げた記憶はありますか?

心と身体の健康を求めるなら、日ごろから月の形を確認し、それに合わせたケアに取り組みましょう。新月から満月に変わる時期なら「栄養の摂取」と「潤い補給」を、満月から新月に変わる時期なら「デトックス」を意識した身体ケアに取り組むといいでしょう。

季節や月の満ち欠けに沿ったケアを実践するなら、「旧暦美人月ごよみダイアリー」を活用してください。

旧暦を活用し季節や月の満ち欠けに沿った身体ケアを

会社名 株式会社パンゲア
運営責任者 宮崎郁子
住所 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川3丁目7-6
TEL 045-913-4161
FAX 045-913-4181
メールアドレス kyureki@pangea.jp
URL https://kyurekibijin.jp/

TOP